東耀稲荷神社(須賀神社)

もともとは、東耀山顕正寺の境内社

御祭神:素盞鳴尊(すさのおのみこと)・食持命(うけもちのみこと)

浦賀駅から徒歩10分ほど。
東叶神社の近くにご鎮座されています。

東耀稲荷神社に着いた時に、氏子さんのおじいさんが草むしりをしていて、
いろいろ教えていただきました。

昔に、一眼レフを使っていたそうで、
カメラの話題などもしながら小一時間。


1782年創建で、明治時代の神仏分離令までは、
隣にある東耀山顕正寺の管轄だったそうです。
(昔は顕正寺の境内だったそうです。)

お社の造りが豪華で、写真は撮れませんでしたが、本殿内の格天井の龍の彫刻はすごいです。
浦賀の街が昔、港町として賑わっていた時代、資産家の商人が彫師を雇い、作らせたとのこと。

おじいさんが小さい頃は、よく屋根裏に上がって遊んでいたそうです。

火事除けの神様としても有名だそうで、昔、大火事で火が神社に迫ってきても、神社に延焼することは絶対なかったそう。

恵比寿様、大黒天様ももちろん手彫り。
今は、作れる職人さんはいないそうです。

(平成24年5月5日撮影)

東耀稲荷神社写真館(画像クリックで拡大)


住所・地図

神奈川県横須賀市東浦賀2
京浜急行線 浦賀駅より 徒歩11分

東耀稲荷大明神