横浜辨天 関内厳島神社

伊勢佐木町近くですが、静かです

関内駅より徒歩5分。伊勢佐木町のメインストリート近くに御鎮座。

御祭神
宗像三女神(市杵島姫尊、多紀理姫尊、多岐都姫尊)
豊受大神

ちょうど3年前、今の会社の面接の後に参拝させていただいた事がきっかけで
関内・伊勢佐木町に用事の際には参拝させていただいています。
境内には銭洗弁財天社の祠もあり、お金を清める事ができます。
神社の横には大きな幹線道路がありますが、一歩境内に入るととても静かです。

横浜辨天 関内厳島神社由緒
元来は洲干島(しゅうかんじま)とも呼ばれる入江の砂州上の寒村であった横浜村の更に先端にあり、洲干弁天社と称した。 創建は治承年間で、源頼朝が伊豆国土肥(現・静岡県伊豆市)から勧進したと伝えられる。 足利氏満は般若心経を奉納、太田道灌は社殿を再建、徳川家光は朱印地を与えている。
浜辺の松林で覆われた境内は対岸の神奈川宿台町からの眺望十五景の一つ(「洲干雪」)にも数えられるほどの景勝地であった。 また境内には瓢箪池があり、清水が湧き出たため「清水弁天」とも、また所在地から「横浜弁天」とも呼ばれた。敷地は南は太田町5丁目、北は南仲通5丁目、東は弁天通5丁目、西は海岸で寄州になっており、1万2千坪という広々とした場所であった。今の神奈川県立歴史博物館(横浜正金銀行本店跡)のあたりに一の鳥居があった。鳥居は四の鳥居まで存在していたとされる。開港後、門前が弁天通として整備された。
秀閑寺という別当寺を有したが廃絶、慶安年間以降は元町1丁目の増徳院が別当になった。元禄年中この元町の増徳院境内に仮殿を造営し、上之宮杉山弁天と唱え、平日はご神体をここに奉安して置き、本社には前立のご神体のみを置いて下之宮清水弁天と呼んだ。
1869年に街区拡張のため、現在地の羽衣町に移転して厳島神社と改称。
(Wikipediaより引用)

横浜辨天 関内厳島神社写真館(画像クリックで拡大)

住所・地図

神奈川県横浜市中区羽衣町2-7-1
JR根岸線・横浜市営地下鉄ブルーライン 関内駅より徒歩5分

神奈川県横浜市中区羽衣町2-7-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする