上神明天祖神社

暖かいお稲荷さん

はじめて参拝させていただいた時、神社へ向かう角を曲がった途端、暖かい感じに包まれました。
本殿、末社を合わせると、9柱の神様が祀られているのですが、
9柱の神様を総称して、『蛇窪大明神』と総称されているそうです。

厳しい、凛とした空気感のお稲荷様がだいたい一般的と感じているのですが、
こちらの稲荷神社は、独特の暖かい雰囲気に包まれています。
(個人的感想)

奉職されている方も穏やかな方という印象。
奉職されている方が穏やかだから社内も暖かい空気感なのか、
逆に暖かい空気感に包まれているので奉職されている方も穏やかな方なのか。

1月、4月、9月の3回、季節限定の御朱印を戴けます。

上神明天祖神社の由緒
文永8年(鎌倉時代・1272年)11月10日、北条四朗左近大夫陸奥守重時は、五男の時千代に多数の家臣を与え蛇窪(現在の品川区二葉四丁目付近)に残って当地域を開くよう諭して、自らはこの地を去りました。
その後、時千代は、法圓上人(ほうえんしょうにん)と称して大森(大田区)に厳正寺(ごんしょうじ)を開山し、家臣の多くは蛇窪付近に居住させました。現在、厳正寺の壇徒がこの地域に多いのは、こうした理由によるものです。
文永8年の秋から50年ほどを経た元享2年(1322年)、武蔵の国(現在の東京・埼玉)一帯が大旱魃となり、飢饉の到来は必至と見られました。このとき、厳正寺の当主、法圓の甥の第二世法密上人は、この危機を救うため、厳正寺の戌亥(北西)の方向にあたる森林の古池のほとりにある龍神社に雨乞いの断食祈願をしました。上人の赤誠(偽りや飾りのない心。まごころ。)と神霊の冥助により、大雨が沛然と降り注ぎ、ついに大危機を免れることができました。
これに感激した時千代の旧家臣たちは、蛇窪に神社を勧請し、神恩にこたえて祀りました。これが現在の天祖神社の縁起とされています。
なお 一説には、鎌倉時代に、この地の豪農、森屋氏(現姓森谷氏等の先祖)が建立したものとも伝えられています。

上神明天祖神社ホームページより引用

上神明天祖神社写真館(画像クリックで拡大)

住所・地図

東京都品川区二葉4−4−12

都営浅草線中延駅  徒歩5分
東急大井町線中延駅 徒歩6分
JR横須賀線西大井駅 徒歩8分

東京都品川区二葉 上神明天祖神社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする