お寺の中に鳥居?

お寺と神社の関係についてお話します。

お寺の中になんで鳥居があるの?

という疑問があるかと思います。

お寺は仏教。

神社は神道。

宗教が違いますね。

(正確には神道は宗教ではないですが)

長い日本の歴史の中で、

神仏習合と神仏分離令という出来事がありました。</p>

仏教が伝来したのが552年(諸説あり)。

もともと、日本には八百万の神=たくさんの神様

がいるわけで、宗教戦争になることもなく、受け入れられました。

神道には仏教の教えが取り入れられ、

逆に仏教にも神道と教えが取り入れられるように。。。

なので、昔はお坊さんが神社も管理していたりしていたのですね。

(神様よりも仏様が偉いという考えがあったうようです)

みなさんのお近くの神社も、お寺と隣同士だったり、

お寺の中に神社があったりするかと思います。

浅草の浅草寺の中に浅草神社があったり

増上寺の中に熊野神社があったり

豊川稲荷東京別院の中に鳥居があったりしますね。

お稲荷さんでも、

京都の伏見稲荷大社(神道のお稲荷さんの総社)

豊川稲荷(仏教のお稲荷さん)

があったりするわけです。

時は過ぎて、明治時代。

当時の明治政府が、神道を政治利用するために、

神仏分離令を発動しました。

お寺は取り壊されたり、強制的に神社に変えさせられたり、

お坊さんは神主にさせられたりという歴史があるわけです。

ですが、全廃された訳でもなく、また地域の方たちが再度建立されたりして

今でも神様が祀られているお寺はたくさんあります。

ちなみに、うちの近くの神社は元はお寺で、

現在でも不動明王が祀られており、

定期的に近くのお寺の住職さんがお経をあげに来ています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする